総選挙 があるので各党の政策で仕事関連のを比較してみた

10/22(日)は第48回衆議院議員 総選挙 です。みなさん投票に行きましょう。

総選挙 政策

Wokandapix / Pixabay

スポンサーリンク

はじめに

衆議院議員の選挙がもうすぐ行われます。衆議院の選挙なので政権政党を選ぶ選挙となります。主な政党の公約のなかで仕事に関係しそうなものがないか見てみたいと思います。

まずは選挙期間中のネット活動について

ちょうど、ねとらぼさんがまとめてらっしゃるのでリンクしておきます。

「うっかり違反」で処罰対象に 選挙期間中にネットに書いてはいけない内容まとめ
「知らなかった」では済まされない。

平成25年4月19日に法律が制定されて現在はインターネットを選挙運動に利用することが公に定義されています。それ以前は法律が無かったのでグレーな状態が続いていました。なんとたった2年前ですね。

選挙運動とは

期間

期間が定められています。公示日(告示日)から選挙が行われる日の前日までの期間のことをいいます。この期間の間の選挙運動にまつわるネットでの活動を定義しています。今回の衆議院選挙の場合は10月10日〜10月21日となります。

選挙運動が禁止されている方

選挙運動ができない方がいらっしゃるので気をつけましょう。

  • 選挙事務の関係者
  • 特定公務員
  • 選挙管理委員会の委員と職員、裁判官、検察官、会計検査官、公安委員会の委員、警察官、収税官吏及び徴税の吏員
  • 18歳未満の方
  • 選挙違反又は政治資金規正法違反犯したため、選挙権及び被選挙権を持たない人

18歳未満の方は非有権者ということで選挙運動ができないので注意してください。

選挙運動ってなに?

「特定の公職の選挙につき、特定の立候補者又は立候補予定者に当選を得させるため投票を得又は得させる目的をもって、直接又は間接に必要かつ有利な行為」ってことですので、簡単に言うと、特定の候補者や特定の政党への投票を促すこと、となります。

インターネットで出来ること

詳細はねとらぼのページなどを見ていただくとして簡単にまとめると、

出来ること

Webサイト全般(サイト、ブログ、Twitter/FacebookなどのSNS、SNSのメッセージ、動画共有サービスなど)の利用

出来ないこと

電子メールの利用

となります。SNSのメッセージが利用できて電子メールが利用できないのはちょっと腑に落ちませんが、注意しましょう。

総選挙 での各政党の公約の比較

ここでは選挙運動にはならないよう啓蒙という意味で、特定候補者、特定政党への投票を促すことはせずに代表的な三政党の公約を少し見てみたいと思います。

自由民主党

公約のページです。

「この国を、守り抜く。」|衆議院選挙公約2017|自民党
自民党の衆議院選挙公約です。豊かで平和な日本を守り抜く。未来に責任をもつ。確かな政策を自民党は実行し続けます。

盛りだくさんなので大事であろう前に書いてあるなかから仕事に関連する部分を抜粋してみます。

未来に責任を持つ確かな政策で、さらなるステージへ。

劇的な生産性の向上で、国民の所得を増やします。

アベノミクスの成果である4年連続の賃金上昇の流れを、さらに力強く持続的なものとするために、ロボット・IoT・人工知能(AI)といった、生産性を劇的に押し上げる最先端のイノベーションを起こし、「生産性革命」を実現します。民間主導のイノベーションによる「生産性革命」を通じて、働く皆さんの所得を大きく増やします。

●2020年までの3年間を生産性革命の「集中投資期間」として、中小企業・小規模事業者も含め、大胆な税制、予算、規制改革などあらゆる施策を総動員して、企業の収益を設備投資や人材投資へ振り向けていきます。
●「起業大国」を目指し、産業の新陳代謝と世界を変える「ユニコーン・ベンチャー」創出に向け、中長期の成長資金の供給拡大などの取り組みを加速します。
●中小企業・小規模事業者の円滑な世代交代・事業承継に資するよう、税制を含めた徹底した支援を講じます。
●働く皆さんの様々な声に耳を傾け、多様な形で働き、参加できる社会をつくります。このため、「働き方改革」を実行します。

希望の党

公約の部分です。

希望の党
希望の党の公式サイトです。党の政策、綱領や所属議員のご紹介がご覧になれます。

ポスト・アベノミクスの経済政策

徹底した規制改革と特区を最大活用し、民間の活力を生かした経済活性化を計ります。

アベノミクスは、民間活力を引き出す規制改革が不十分でした。 大胆な働き方改革はもとより、おともだち厚遇ではない、 特区を活用した抜本的な規制改革を進めます。 AI、フィンテック、自動運転など先端分野での競争力を高め、 起業を促進し、経済の自律的成長を目指します。 同時に、「民間でできることは民間で」の精神に基づき、政府系金 融機関及び官民ファンドは可及的速やかに廃止します。 東京オリンピック・パラリンピックの成功に万全を期すとともに、 日本と東京をアジアナンバー 1 の国際金融センターとして復活させ るための規制や税制の見直しを断行します。

立憲民主党

国民との約束の部分です。

立憲民主党トップページ
立憲民主党はあなたです。

生活の現場から暮らしを立て直します

アベノミクスの成果は上がらず、国民の所得を削り、中間層を激減させたままでは、本当の意味で活力ある経済は再生しません。誰もが安心して暮らせる社会のビジョンを示さなければいけません。保育・教育、医療・介護の各分野の賃金を底上げします。女性に対する雇用・賃金差別をなくします。社会全体ですべての子どもの育ちを支援します。将来的な国民負担を議論することは必要ですが、直ちに、消費税率10%へ引き上げることはできません。実質賃金の上昇によって中間層を再生します。また、地方の基幹産業である第1次産業を支え、食と地域の安心を守ります。

長時間労働の規制、最低賃金の引き上げ、同一価値労働同一賃金の実現
保育士・幼稚園教諭、介護職員等の待遇改善・給与引き上げ、診療報酬・介護報酬の引き上げ、医療・介護の自己負担の軽減
正社員の雇用を増やす企業への支援、赤字中小企業・小規模零細事業者に対する社会保険料負担の減免
児童手当・高校等授業料無償化ともに所得制限の廃止、大学授業料の減免、奨学金の拡充
所得税・相続税、金融課税をはじめ、再分配機能の強化

並べてみて

導入部分だけ引用してみまた。ぜひリンク先を辿ってみて各党の政策をいろいろ見てみてください。ここがいいとか言い始めると特定政党に偏るので個人的意見が書けないのは辛いですね(笑)

副業禁止規定 なんて早く撤廃してほしい。本業っていったい何なの?
副業禁止規定 って、なぜそんなことを縛られる必要があるのか。 はじめに 先日も以下の記事...

まとめ

改めてみてみると各党かなり細かく書かれているので、このキーワードが入っている入っていないという比較までしないといけない感じですね。時間があれば一度やってみて自分の投票に活かしたいと思います。